光・ケーブルから切り替えの方

HOME > 光・ケーブルから切り替えの方

光テレビ・ケーブルテレビにした人の主な理由3選

より多くのチャンネルを視聴したい
外観を損なわないためアンテナを設置したくなかった
電波障害があったため

1. より多くのチャンネルを視聴したい

光テレビやケーブルテレビは、多くのチャンネルが見れるという点がメリットの一つです。

始めは魅力を感じて契約したものの「実際にはそんなに見ることが無かった」「趣味嗜好が変わり、以前よりも視聴するチャンネルが変わってきた」というお声もよく聞きます。

【解決】

アンテナ屋さん.comのアンテナ工事で見たい番組だけ契約ができます。

それだけでなく月々のコスト削減も可能に。地デジアンテナに加え、衛星放送であるBS/CS放送用アンテナを同時に設置するのがおすすめです。

有料の番組はご覧になりたい番組のみを契約することができ、1カ月毎に解約可能です。無駄な料金を毎月お支払いしなくて済みます。

2. 外観を損なわないためアンテナを設置したくなかった

念願のマイホーム、「きれいな外観を損ねるアンテナをつけたくない」というご相談をよくいただきます。

また、景観に関する保護条例でアンテナの設置に制限がある自治体も。
ハウスメーカーや不動産会社の紹介で、新築時に光テレビ・ケーブルテレビに加入された方も多くいるようです。

【解決】

目立ちにくいデザインアンテナや、屋根裏部屋の設置がオススメです

外観を損なわず、テレビを楽しみたい方には目立ちにくいデザインアンテナや、屋根裏部屋の設置がおすすめです。

小型でスタイリッシュなデザインアンテナは各色お好きな色を選べるので、外観へのなじみが良く新築のお客様から好評です。
また、テレビアンテナ本体を屋内(屋根裏部屋)設置すれば、外からは全く見えなくすることも可能です。

3. 電波障害があったため

アナログ放送時代には、電波状況が弱くケーブルテレビしか視聴の選択肢がなかったという地域が多くありました。
また、立地などによる周辺環境に由来する電波障害が理由でアンテナを断念した方も多くいらっしゃるようです。

しかし、現在の技術ではそういった電波障害はほとんど無くすことができ、テレビアンテナ乗り換えによってコストダウンも可能になりました。

アナログ放送の時代には、電波状況が弱くケーブルテレビしか視聴の選択肢がなかったという地域がたくさんありました。
それだけでなく、立地等による周辺環境による電波障害が理由でアンテナ設置を断念した方も多くいらっしゃるようです。

【解決】

地デジ化への切り替えで、現在は受信可能なエリアが増加しています

地上デジタル放送への切り替えによって、国内電波の受信環境は飛躍的に改善されました。

特に、関東エリアは、国内最大の電波塔である東京スカイツリーの誕生でより広域に電波が発信できるようになりました。
受信の可否については、現場にて入念な電波調査を行うのでご安心ください。

テレビアンテナ工事とケーブルテレビの料金比較表

テレビアンテナ工事とケーブルテレビの料金を、年間と5年後の総額で比較した表です。

それぞれ独自のサービスはありますが、大きな差はないテレビ視聴方法で料金に大きく差が。
年間0円のテレビアンテナは5年後ももちろん0円となり、コスト面で圧倒的にお得であるといえます。

  年間
(単位:円)
5年後
(単位:円)
弊社の場合 0円 0円
ケーブル
A社
(1台)60,400円 302,000円
ケーブル
B社
56,980円 284,900円
ケーブル
C社
46,260円 231,300円

 

テレビアンテナ工事と光テレビの料金比較表

テレビアンテナ工事と光テレビの料金を比較してみると、初期費用はアンテナよりも光テレビの方が安いケースもあります。
しかし、月額の基本料金を見てみると、光テレビが4,000円かかるのに対してアンテナは0円です。

デザインアンテナの新設平均費用40,000円は一見高く感じますが、光テレビの約8か月分の料金です。
総額で考えた場合、テレビアンテナ工事の方がお得であることが分かります。

  初期工事費用
(単位:円)
月額基本料金
(単位:円)
弊社の場合 約40,000円~ 0円
光テレビの場合 9,000円 (ネット料金込)4,000円